くらし情報『花組『新源氏物語』で明日海りおが美しき源氏に』

2015年10月7日 19:25

花組『新源氏物語』で明日海りおが美しき源氏に

花組『新源氏物語』で明日海りおが美しき源氏に
宝塚歌劇花組公演『新源氏物語』『Melodia-熱く美しき旋律-』が10月2日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。1981年に初演された本作は、芥川賞など数多くの受賞歴を持つ小説家・田辺聖子が1978年に上梓した『新源氏物語』をもとに作られた作品。26年ぶり3度目の上演となる今回、圧倒的に美しいビジュアルと色気を持ち、歌唱力にも定評のあるトップスター・明日海(あすみ)りおが“光の君”を演じ、観る者を魅了している。

宝塚歌劇花組『新源氏物語』チケット情報

華やかな平安の宮廷を背景に、光源氏の愛と苦悩をドラマチックに描いた本作。幼い頃に母・桐壺の更衣を亡くした源氏は、母に生き写しの桐壺帝の妃、藤壺の女御に恋慕の情を抱いていた。美しい青年に成長した源氏は溢れる想いを抑えきれず、ある夜、藤壺と一夜を過ごす。その後、秘密の恋に苦しむ源氏は、藤壺の面影を追って、さまざまな女人との逢瀬を重ねていく…。

パッと照明がステージを照らした瞬間、壮大で美しい舞台が目に飛び込む。まるで絢爛豪華な日本画を見ているようなプロローグで、観客をその世界へと誘導していく。そしてその中でしっとりと舞い踊る明日海の、並み外れた美しさにうっとり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.