くらし情報『パナV3か、ヤマハ初Vか。トップリーグPO突入!』

2016年1月5日 15:30

パナV3か、ヤマハ初Vか。トップリーグPO突入!

パナV3か、ヤマハ初Vか。トップリーグPO突入!
パナソニックが3連覇を達成するのか、ヤマハ発動機が悲願の初優勝を飾るのか、最多優勝5回の東芝や初代王者・神戸製鋼が覇権を奪還するのか。『ジャパンラグビー トップリーグ』が、いよいよ一発勝負の『LIXIL CUP 2016』に突入する。

ジャパンラグビー トップリーグ チケット情報

波乱があった。優勝3回・準優勝3回のサントリーは、A組5位に甘んじ、まさかの順位決定トーナメント参戦を余儀なくされた。激しい星の潰し合いが展開されたA組で抜きん出たのが、パナソニックだ。V2王者はリーグ戦を6勝1分で走破した。

2年連続MVPのべリック・バーンズは、キック成功率90.91%という驚異的な精度を誇り、ベストキッカーを受賞した。堀江翔太主将は前線で体を張るだけではなく、ゴロパントやノールックパスなど意表を衝くプレーを見せ、リーグ戦通算96トライの北川智規も衰えることのない得点能力を発揮した。12月から負傷欠場中の日本代表・山田章仁も来るべき決戦に準備を整えていることだろう。王者・パナソニックは『LIXIL CUP 2016』で、さらにギアを上げる。

B組1位となったのは、ヤマハ発動機だ。第6節・神戸製鋼に完敗を喫したが、これはSH・矢富勇毅を出場停止で欠いたのが響いた結果である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.