くらし情報『三宅裕司率いる「熱海五郎一座」が今年も大爆笑の東京喜劇を発表!』

2016年3月3日 17:55

三宅裕司率いる「熱海五郎一座」が今年も大爆笑の東京喜劇を発表!

熱海五郎一座「熱闘老舗旅館『ヒミツの仲居と曲者たち』」製作記者発表の模様

熱海五郎一座「熱闘老舗旅館『ヒミツの仲居と曲者たち』」製作記者発表の模様


新橋演舞場で6月に上演される熱海五郎一座「熱闘老舗旅館『ヒミツの仲居と曲者たち』」。その製作記者発表が都内で行われた。構成・演出・出演を担当する座長・三宅裕司をはじめ、渡辺正行ラサール石井小倉久寛春風亭昇太東貴博深沢邦之という一座の面々に、今回ゲスト出演する松下由樹笹本玲奈が顔を揃えた。

【チケット情報はこちら】

音楽をちりばめた東京の喜劇“軽演劇”をベースに、練りこまれた台本を喜劇役者がきちんと演じることによって生まれる“表現としての笑い”を追求する熱海五郎一座。伊東四朗座長の「伊東四朗一座」のメンバーが、伊東がスケジュールの都合で参加できないときも“東京の笑い”を継承すべく、三宅を座長に2006年旗揚げ。今作で新橋演舞場での公演は3度目となる。

物語の舞台は、リゾート地の老舗高級旅館「ふじみ楼」。隣にリゾートホテルが建ち、閑散としているところに、小出向江(松下)が訪れ住み込みで働くことになる。リゾートホテルは繁盛していたが、週刊誌によってずさんさが明るみに。サミットの宿泊施設として旅館とホテル、両陣営によるプレゼンが行われることになる。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.