くらし情報『KREVA&内博貴がラップでつむぐミュージカル開幕』

2016年3月28日 18:25

KREVA&内博貴がラップでつむぐミュージカル開幕

会見より。左から、AKLO、Mummy-D、綿引さやか、KREVA、増田有華、小西真奈美、ブラザートム

会見より。左から、AKLO、Mummy-D、綿引さやか、KREVA、増田有華小西真奈美ブラザートム


人気ラッパーのKREVAが内博貴とタッグを組んで手がける音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』が、3月25日に東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕した。初日の昼には公開舞台稽古と会見が行われ、KREVA、内をはじめ、小西真奈美綿引さやか増田有華、AKLO、Mummy-D、ブラザートムら出演者が顔をそろえた。

音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』チケット情報

本作はKREVAがこれまでアーティストとして制作・発表してきた楽曲のみで構成された音楽劇。物語は桜にちなんだ3つのストーリーをもとに、内が演じる青年がそれぞれの登場人物と関わりながら、変化し、自身について見つめ直していくというもの。

劇中ではKREVAのみならず、出演するキャストそれぞれが「Under The Moon」「トランキライザー」「BESHI」「あかさたなはまやらわをん」などのKREVAのラップを歌唱し、また曲中のキーワードがセリフの中にも登場し、物語にも強く影響している。このスタイルについてKREVAは「ラッパーがちがうラッパーのラップをするのもおもしろいし、女優さんがチャレンジするラップもおもしろい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.