くらし情報『オリヴィエ賞の最優秀コメディが日本人キャストで開幕』

2016年4月11日 18:40

オリヴィエ賞の最優秀コメディが日本人キャストで開幕

舞台「九条丸家の殺人事件」

舞台「九条丸家の殺人事件」


バナナマン東京03など数々の人気芸人のコントをはじめ、人気バラエティ番組「ゴッドタン」や「ウレロ☆シリーズ」を手がける構成作家のオークラ。彼が“イギリスのトニー賞”ともいわれるオリヴィエ賞の2015年・最優秀コメディ賞受賞作を日本設定に書き換え、演出を手がける舞台、~崩壊シリーズ~「九条丸家の殺人事件」が4月8日に東京・俳優座劇場にて開幕した。開幕の前日には公開舞台稽古と会見が行われ、オークラとともに山崎樹範大水洋介長谷川忍(Wキャスト)、彩吹真央、梶原善ら出演者が登壇した。

舞台「九条丸家の殺人事件」チケット情報

物語の舞台は、いままでまともな公演をしたことがない劇団が、ホストや元キャバ嬢を役者に引き入れ、やっとの思いで上演にこぎつけた殺人ミステリー劇「九条丸家の殺人事件」の公演初日。開演時刻直前に発覚した座長の浮気を発端に、数々のアクシデントが勃発。舞台はそのまま開演を迎えるものの、舞台セットのドアが開かなくなったり、役者がセリフをすべて忘れたりと、予期せぬトラブルに次々と見舞われる。シリアスな芝居を必死に続けるが、芝居はどんどん奇妙な方向へ…。

オークラは作品について「ロンドンで賞をとった作品ではありますが、そういう触れ込みとはまったく逆で、本当に中身がない作品です(笑)。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.