くらし情報『東国原が舞台初挑戦!『ペコロスの母に会いに行く』』

2016年5月20日 12:50

東国原が舞台初挑戦!『ペコロスの母に会いに行く』

製作発表より。左から、一青窈、室龍規、酒井敏也、木村理恵藤田弓子、東国原英夫、仁科亜季子、佐藤正宏、文音

製作発表より。左から、一青窈室龍規酒井敏也木村理恵藤田弓子東国原英夫仁科亜季子佐藤正宏、文音


舞台『ペコロスの母に会いに行く』の製作発表が都内で行われ、出演者の藤田弓子東国原英夫仁科亜季子木村理恵佐藤正宏酒井敏也、文音、室龍規、原作者の岡野雄一、演出を担当する大野木直之、音楽を担当する一青窈が登壇した。

舞台『ペコロスの母に会いに行く』チケット情報

『ぺコロスの母に会いに行く』は、認知症を発症した母・ミツエ(藤田)とその息子・ユウイチ(東国原)のおかしくも心温まる日常を描いた物語。原作である岡野雄一の同名漫画は、悲劇になりがちな認知症の介護問題を明るくユーモラスに表し、第42回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。2013年には映画化されるなど話題を集めた。

原作者の岡野は「西の果て(舞台は長崎)の小さな町での物語が、認知症介護という時代に遭遇して、あっという間に大きな広がりを見せ、今に至っており。つくづくそういう時代なんだなと実感しております。舞台をすごく楽しみにしています」と挨拶。

演出家の大野木は「認知症は重いテーマなんですが、舞台なので、お客さんが家路に着くときに重い気持ちではなくてなんらかの希望を見出して帰れるようにしたい。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.