くらし情報『演劇ユニット*pnish*が戦国活劇に挑む』

2016年8月12日 17:15

演劇ユニット*pnish*が戦国活劇に挑む

左から、森山栄治、土屋佑壱、鷲尾昇、佐野大樹撮影:源 賀津己

左から、森山栄治土屋佑壱、鷲尾昇佐野大樹撮影:源 賀津己


芝居をやりたい、という思いから誕生した、*pnish*(パニッシュ)は佐野大樹森山栄治鷲尾昇土屋佑壱といった同世代の役者4人のユニット。今年、結成15周年迎えた彼らが放つ本公演は、*pnish* vol.15 『サムライモード』。これは2008年に上演した演目で、「」として己の信念を貫く漢(おとこ)たちの笑って泣ける痛快戦国活劇だ。

*pnish*vol.15『サムライモード』チケット情報

今回もそれぞれが初演と同じ役に挑むが、新たに脚色・演出に鈴木勝秀、客演に佐藤永典をはじめ、崎山つばさ川上将大、津村知与支藤原一裕鳥羽潤といった彩り豊かな顔ぶれを迎え、初演とはひと味違った舞台を志す。そこで現在の彼らの思いを伺った。

「初演当時から7年。僕らも変わり、できることも感じ方も変わっています。そこに、鈴木勝秀さんという男くさい新たなテイストが入ってどんな世界を届けられるか、すごく興味があります。15周年を迎え、改めて応援してくれる方々ともっと会える機会を作りたいし、もっとたくさんの人達と会うためにどんどん活動の機会を増やしたいと実感しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.