くらし情報『浦井健治&伊礼彼方、約束を果たした『王家の紋章』』

2016年8月25日 12:00

浦井健治&伊礼彼方、約束を果たした『王家の紋章』

左から伊礼彼方、浦井健治撮影:福井麻衣子

左から伊礼彼方浦井健治撮影:福井麻衣子


連載開始から40年を迎える大人気少女漫画『王家の紋章』が世界で初めてミュージカル化、現在東京・帝国劇場で上演中だ。現代のアメリカと古代エジプトをまたにかけた、壮大な愛が描かれる歴史ロマン。この公演で主人公のエジプト王・メンフィスを演じている浦井健治と、ヒロイン・キャロルの兄ライアンを演じる伊礼彼方に話を聞いた。

『王家の紋章』チケット情報はこちら

伊礼が「今回、俺は健ちゃんの主演だから、出演オファーを受けたんです」と明かす。その理由はさかのぼること6年前。ふたりはかつて若手ミュージカルスターの登竜門とも呼べる役、『エリザベート』のルドルフ皇太子役を同時期(2008年~2010年)に務めていた。その後6年間、ふたりの道が重なることはなく「同じ役をやっていたのに、今はまったくキャラが被らない(笑)。でもルドルフの頃「いつか一緒にやりたいね」って約束していたんです。しかも、彼は主演は何度もやっていますが、帝国劇場のセンターに立つというのは、特別ですから」(伊礼)。「ありがたいです。やっぱり帝国劇場は“聖地”なので、僕にとっても特別です」(浦井)。「だから、僕もその場には絶対に入りたいなって思っていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.