くらし情報『朝海ひかるが挑むイプセンの傑作『幽霊』稽古場レポ』

2016年9月27日 15:35

朝海ひかるが挑むイプセンの傑作『幽霊』稽古場レポ

舞台『幽霊』稽古場より

舞台『幽霊』稽古場より


「近代演劇の父」と称されるヘンリック・イプセンの傑作『幽霊』が、朝海ひかる主演で9月から上演される。演出は、数々の話題作を手掛け、昨年も『廃墟』『マンザナ、わが町』で読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞した鵜山仁。

舞台『幽霊』チケット情報

シェイクスピア以降、世界で最も盛んに上演されている劇作家のひとりであるイプセンだが、その戯曲の数々は発表当初、“スキャンダラス”と考えられていた。中でも本作は、自由恋愛や近親相姦などタブーに言及した内容で、イプセンの母国・ノルウェーの劇場は上演されず。結果、発表の翌年1882年に、イプセン戯曲としては初のアメリカ(シカゴ)で初演された作品。

孤児院の開院式を翌日に控え、アルヴィング夫人(朝海)の屋敷には、マンデルス牧師(小山力也)が立ち寄り、愛するひとり息子のオスヴァル(安西慎太郎)も帰省していた。だがそんな中、彼女がおそれていた〈幽霊〉が再び現れる。そこから明るみになっていく数々の真実。夫人がひた隠しにしてきた因襲の幽霊とは――?

稽古開始から2週間ほど経過したこの日。稽古場では、アルヴィング夫人がマンデルス牧師にある秘密を告白する濃密なシーンが繰り返されていた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.