くらし情報『俳優・大東駿介が初来訪の金沢で『トーマス・ルフ展』を鑑賞』

2017年2月3日 11:00

俳優・大東駿介が初来訪の金沢で『トーマス・ルフ展』を鑑賞

『トーマス・ルフ展』を鑑賞する大東駿介

『トーマス・ルフ展』を鑑賞する大東駿介撮影:山田大輔


金沢21世紀美術館で開催中の『トーマス・ルフ展』を俳優の大東駿介が訪れた。

トーマス・ルフ展

トーマス・ルフは1958年生まれのドイツ人写真家。アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートと共にベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ“ベッヒャー派” のひとりで、現代アートシーンをリードする存在として世界から注目を集めている。日本初の回顧展となる本展では、初期から最新作までの主要な18シリーズを展示している。

金沢を訪れたのが初めてだという大東は「いつか来ようと思っていたこの場所で観られるのはすごくラッキー」と語り、最初のシリーズが展示されたスペースに足を踏み入れると、「この人すごいな!」と感嘆の声をあげた。

大東がもっとも注目したのは、ルフの柔軟性。「人は生きているなかでいろんな思想の影響を少なからず受けるのに、この人はフラットで冷静。核でものを見ている」と洞察。友人たちに指示を出し画一的な表情を捉えた<Portraits(ポートレート)>シリーズでは、普段撮影される側として、自らの役者観を重ねる一幕も。

鑑賞中、何度も口にしたのは“ゼロ地点”という言葉。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.