くらし情報『東京バレエ団、初となるプティ作品上演に意欲』

2017年5月25日 17:40

東京バレエ団、初となるプティ作品上演に意欲

(左から)、柄本弾、川島麻実子、上野水香、ルイジ・ボニーノ(振付指導)、斎藤友佳理(芸術監督)、ジリアン・ウィッテンガム(振付指導) 撮影:Kiyonori Hasegawa

(左から)、柄本弾川島麻実子上野水香、ルイジ・ボニーノ(振付指導)、斎藤友佳理(芸術監督)、ジリアン・ウィッテンガム(振付指導) 撮影:Kiyonori Hasegawa


東京バレエ団はこの秋、〈20世紀の傑作バレエ〉と題した公演で初めてローラン・プティ(1924ー2011)の作品に取り組む。ビゼーの音楽に振付けられた傑作、『アルルの女』だ。このほど振付指導のルイジ・ボニーノらを迎えての公開リハーサルおよび記者懇親会が開催され、ボニーノはじめ、斎藤友佳理芸術監督、主演の上野水香川島麻実子柄本弾が公演への思いを語った。

【チケット情報はこちら】

懇親会冒頭から「『アルルの女』についてだね!この作品は実にディープで、受け取ることが難しいところがあるんです」と熱く語りはじめたボニーノ。婚約者がありながら、別の女性の幻影に心を奪われ、次第に正気を失っていく青年フレデリと、彼に献身的な愛を注ぐ婚約者ヴィヴェットの悲恋を描く作品だが、とくに終盤のフレデリのソロは、見る者の心をこれでもかと激しく揺さぶる。「世界じゅうで上演された、素晴らしい作品」と、愛情たっぷりだ。

「35年間プティと一緒にいて、彼にすべてを学びました。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.