くらし情報『久本雅美、梅垣義明が浅草でPR「松竹新喜劇 新秋公演」』

2017年8月24日 18:55

久本雅美、梅垣義明が浅草でPR「松竹新喜劇 新秋公演」

左から、梅垣義明、久本雅美、渋谷天外、藤山扇治郎

左から、梅垣義明久本雅美渋谷天外藤山扇治郎


9月7日(木)に初日を迎える「松竹新喜劇新秋公演」。この度、浅草公会堂前スターの広場にて公演PRイベントが行なわれ、『新・親バカ子バカ』に出演する渋谷天外藤山扇治郎久本雅美梅垣義明の4人が出席。それぞれが公演への意気込みを語った。

松竹新喜劇新秋公演 チケット情報

「松竹新喜劇新秋公演」の目玉は、昭和34年にテレビドラマとして放映、最高視聴率は58%を記録した伝説の作品『親バカ子バカ』に、現代の風潮を取り入れ、新たに復活させた『新・親バカ子バカ』。5月の巡業でも好評を博した同作は、今回が松竹新喜劇への5回目の参加となるワハハ本舗久本雅美、そして初出演となる梅垣義明も参加し、益々パワーアップしてのお披露目となる。今イベントではそれぞれが『新・親バカ子バカ』の衣装で登場し、色紙に書いた意気込みを紹介した。

ワンマン社長を演じる渋谷が書いたのは『ぼちぼちいこか』。「このぼちぼち行こか、は『ゆっくり行こうか』ではなく、大阪弁で『準備はできた、ぼちぼち行こかぁ!』という意味になります。公演に向けて、勢いづいていけたら(渋谷)」と話す。

続いてその息子を演じる藤山の色紙には『今年も演舞場で(藤山)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.