くらし情報『“パリジェンヌ”の源泉をたどる『ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち』』

2017年9月19日 18:30

“パリジェンヌ”の源泉をたどる『ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち』

ルイ=レオポルド・ボワイ―《アイロンをかける若い女性》1800年頃Charles H. Bayley Picture and Painting Fund 1983.10

ルイ=レオポルド・ボワイ―《アイロンをかける若い女性》1800年頃Charles H. Bayley Picture and Painting Fund 1983.10


ファッションや映画など多様な文化を滋養にして、美しくしなやかに生き方を主張するパリジェンヌたち。世田谷美術館で開催する『ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち』のキャッチコピーも「『パリジェンヌ』は流行じゃなくて、生き方です!」とある。アメリカ・ボストン美術館所蔵のマネやドガ、ルノワールなど印象派の絵画のほか、写真やイラスト、服飾資料なども展示し、多角的に“パリジェンヌ”の源泉をたどる本展。その記者発表会が9月5日、三軒茶屋の世田谷文化生活情報センターで行われた。

【チケット情報はこちら】

会見では世田谷美術館・学芸部主査の塚田美紀氏が登壇し、5つのチャプターに分けられた本展について解説。チャプター1では、ルイ14世の死去により、文化の中心がヴェルサイユから、裕福な市民のサロンがあるパリへと移行する様子を紹介。技巧を凝らしたドレスや、日本の有田焼まで取り入れたティーセットも展示される。チャプター2では、フランス革命後、19世紀に見られた女性への視線が示される。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.