くらし情報『鷹のような女性とカッコイイ悪役。河瀬直美の『トスカ』』

2017年10月18日 10:05

鷹のような女性とカッコイイ悪役。河瀬直美の『トスカ』

前列右から河瀬直美、広上淳一、大勝秀也、 ルイザ・アレブヒトヴァ 、アレクサンドル・バディア(カバラ導師・万里生)。後列右から三戸大久、森雅史(アンジェロッ太)、三浦克次(堂森)、与儀巧(スポレッ太)

前列右から河瀬直美、広上淳一、大勝秀也、 ルイザ・アレブヒトヴァ 、アレクサンドル・バディア(カバラ導師・万里生)。後列右から三戸大久、森雅史(アンジェロッ太)、三浦克次(堂森)、与儀巧(スポレッ太)


新潟、東京、金沢、魚津、沖縄の5都市による全国共同制作プロジェクトとして、プッチーニのオペラ『トスカ』が上演される。新潟、魚津、沖縄で大勝秀也、東京、金沢で広上淳一が指揮し、映画監督河瀬直美が演出を手がけることでも話題だ。公演に先駆けて稽古の様子が公開された。

歌劇「トスカ」チケット情報

『トスカ』といえば19世紀初頭のローマを舞台にした物語だが、河瀬は、古代日本の雰囲気漂う架空の場所、“牢魔”と設定。役名も、ヒロイン・トスカはトス香、その恋人カヴァラドッシはカバラ導師・万里生、トスカに横恋慕するスカルピアは須賀ルピオ、といった具合に改められている。公開された稽古は2幕、ルイザ・アルブレヒトヴァ演じるトス香が三戸大久扮する須賀ルピオに、捕らえられた万里生を自由にしてほしいと頼む場面だった。

映画監督だけあって、河瀬の演出は細かい。身体の向きや振り返り方、タイミング……。演技がリアルであることに加え、河瀬が特にこだわるのは、須賀ルピオのあり方だ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.