くらし情報『観客が判決を下す法廷劇『テロ』の衝撃』

観客が判決を下す法廷劇『テロ』の衝撃

2017年11月6日 17:55
 

(画像左から)橋爪功、森新太郎、松下洸平撮影:星野 洋介

(画像左から)橋爪功森新太郎松下洸平撮影:星野 洋介


観客が“裁判員”となって判決を下す。裁くのはテロをめぐる事件。観客の評決によって、有罪と無罪、ふた通りの結末が用意されている。そんな観る者に積極的な思考と参加を促す舞台『テロ』。弁護士を演じる橋爪功、被告の空軍少佐役の松下洸平、そして演出を手がける森新太郎に聞いた。この衝撃的な法廷劇をどう届けるのか。

【チケット情報はコチラ】

事件の概略はこうだ。164人が乗った民間旅客機がテロリストにハイジャックされた。狙いは、サッカースタジアムに墜落させて7万人の観客の命を奪うこと。緊急発進した空軍少佐が独断で旅客機を撃墜した。164名の命と引き換えに7万人の命を救った彼は、英雄か犯罪者か。舞台上の法廷で交わされるその議論に私たちが答えを出すというわけである。演出の森は言う。「上演したときの世界情勢や社会状況によって判決は変わってくるはずです。そのときテロの脅威をどこまで身近に想像するのか。さらには、人間を、社会の仕組みをどう考えているのか、自分と向き合わざるを得ない。傍観者でいることを許さない、唯一無二の法的劇だと思います」(森)。

作者はドイツの作家フェルディナント・フォン・シーラッハ。刑事事件弁護士でもある経験を盛り込んだ小説で世界的ベストセラー作家となった彼の初戯曲が今回の作品だ。実は橋爪は2016年に朗読劇ですでにこの戯曲と向き合っている。「このときは毎回有罪になりました。なんとか無罪にならないかと読み方を変えたりしたんですけど、結果は同じだった。今回は自分では全体を加減できないので、よりどういう反応があるのか楽しみです。役者は忘れがちになるんですけど、芝居はお客さんのもの。この芝居はとくに、お客さんにいろんなものを持って返ってもらうことになると思いますよ」(橋爪)。

橋爪から「被告人が爽やかな青年だと結果も変わるかもしれない(笑)」とプレッシャーを与えられた(!)のは、松下洸平だ。森も「空軍少佐の国のためにやったという純粋な思いがまず繊細に伝わらなければならない」と語る芝居の核となる役を前に、何を思うのか。「僕は役者としても人間としてもまだまだ勉強中で、お芝居から社会を学ぶことも多いんですが、この作品もまさにそう。僕たちは法のなかでどう生きてるのかとか、演じるドイツ軍人にとっての国とは何なのかとか、しっかり勉強して、みなさんの背中を追いかけながら臨みたいと思っています」(松下)。その松下に私たちはどんな目を向けることになるのか。ほかのメディアにはできない形で問いを突きつける演劇。その醍醐味を体感したい。

公演は2018年1月16日(火)より東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて。その後、兵庫、愛知を周る。

取材・文:大内弓子

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.