くらし情報『松雪泰子出演舞台開幕「どこまでネリーの精神を体現できるか」』

2017年11月7日 09:30

松雪泰子出演舞台開幕「どこまでネリーの精神を体現できるか」

舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」

舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」


元・高級娼婦という過去を持ち、36歳で自らの命を絶った、カナダ生まれの女性作家、ネリー・アルカンの世界を本、映画、舞台と3か月連続で発売・公開・上演するプロジェクト、「Discover Nelly Arcan(通称:DNA)」。その最後を飾る、舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」が、11月4日東京・天王洲銀河劇場にて幕をあけた。

舞台「この熱き私の激情」チケット情報

本公演は、ネリー・アルカンの残した4編の小説をコラージュし、カナダ人の演出家マリー・ブラッサールにより舞台化したもの。出演者は、松雪泰子小島聖初音映莉子宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢という女優6名と、ダンサーの奥野美和という、7名だけ。その他にアンサンブルの出演はなく、彼女たちが1時間40分もの間、舞台の上でネリー・アルカンの“激情”を演じきる。

出演者が、舞台上に置かれた“部屋”(=閉鎖空間)の中にひとりずつ入り、お互い顔も見ぬまま、イヤーモニターから聞こえる音・共演者の台詞だけを頼りに演じるという斬新な演出は、これまでにない演劇体験として、話題を呼んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.