くらし情報『生瀬勝久が“王”を演じて人間と社会を問いかける』

生瀬勝久が“王”を演じて人間と社会を問いかける

2017年12月6日 18:15
 

生瀬勝久

生瀬勝久


今や映像作品に欠かせない存在となっている生瀬勝久。その圧倒的な存在感と演技力を味わえる舞台が上演される。フランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品『アンチゴーヌ』である。演じるのは、法と秩序に従って政治の責任を貫く王クレオン。良心に従って自己の信念を貫く姪アンチゴーヌとの対立を通して、国家と個人、理想と現実など、人間が社会で生きていくなかでの問題を投げかける。ギリシャ悲劇がもとになっている普遍的で力強いこの物語を、いかにリアルに届けるか。

舞台『アンチゴーヌ』チケット情報

物語は、アンチゴーヌ(蒼井優)が、反逆者として野ざらしにされた兄の遺体に弔いの土をかけて捕らえられたことに始まる。王クレオンが、弔いをやめれば法に背くその行為を不問に付すと呼びかけるも、死刑をも恐れず自分の道を進むアンチゴーヌ。王に扮する生瀬の目には、その対立はこう映る。

「この王が言っているのは、親が子に、“人間として社会で生きるにはルールを守らなければならないんだよ”と教えるのと同じようなことだと思うんです。それに対してアンチゴーヌは、ルールよりモラルが大事だと言うわけですね。果たしてどちらを取るべきかというのは非常に難しい話であって。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.