くらし情報『神野美伽が新歌舞伎座で年始を飾る1か月座長公演』

2017年12月28日 10:48

神野美伽が新歌舞伎座で年始を飾る1か月座長公演

神野美伽

撮影:森好弘


1月3日(水)から25日(木)まで大阪・上本町の新歌舞伎座で行われる『デビュー35周年記念 神野美伽新春特別公演』。歌手の神野美伽による芝居と歌の座長公演だ。1984年に『カモメお前なら』でデビューして35年、メモリアルイヤーの幕開けを華々しく飾る。

「神野美伽 新春特別公演」チケット情報

第一部は芝居「おおきにな~浪花のゆうれい女房~」を上演。舞台は大阪、笑いと涙の夫婦愛を描いた時代劇だ。「新歌舞伎座に立たせていただく中で大事にしていることのひとつに、お芝居は大阪弁でしたいという思いがあります。また、私が今、お客様にお届けするべきことは、見てスカッとする、分かりやすい喜劇だと思うので、今回も楽しんでいただけたら」と神野。主役ながらも序盤で間もなく“幽霊”となる。「お客様だけに見える存在として面白くできたら」と意気込む。

第二部は「神野美伽オンステージ」。美空ひばりのヒット曲や、尺八奏者の辻本好美を迎えてのコラボレーションで江利チエミカバーなど趣向を凝らしつつ、自身のオリジナルもたっぷりと聴かせる。「新歌舞伎座のステージからは1階席はもちろん、2階席、3階席のお客様の顔がちゃんと見えるので、客席フロアの照明はなるべく明るくしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.