くらし情報『玉城裕規と粟根まことが、明治の西洋菓子職人と成金実業家に!』

2018年3月2日 17:00

玉城裕規と粟根まことが、明治の西洋菓子職人と成金実業家に!

(画像左から)粟根まこと、玉城裕規 撮影:源 賀津己

(画像左から)粟根まこと玉城裕規 撮影:源 賀津己


畠中恵の人気小説『アイスクリン強し』(講談社文庫刊)が、村上大樹の演出で舞台化される。若き西洋菓子職人の皆川真次郎と、旧旗本出身の警官達からなる“若様組”、そして大商人・小泉琢磨の娘・沙羅が織りなす青春ドラマだ。2016年には本作の前日譚が『若様組まいる』として舞台になっている。戯曲は現在準備中だが、皆川真次郎を演じる玉城裕規と、小泉琢磨を演じる粟根まことに、原作を読んでの印象や舞台への抱負を聞いた。

【チケット情報はこちら】

本作の舞台は明治23年の東京。「真次郎が開いている洋菓子店“風琴屋”を若様達がたまり場にしている事から、真次郎も様々な無理難題に巻き込まれていきます。まだ西洋のお菓子が珍しい時代なので、お金ではなくスイーツで取引ができたり、人の心を懐柔したりするのが原作の魅力です」と玉城は語る。

若者たちに無理難題をふっかける大人のひとりが小泉琢磨だ。「私が演じる小泉は、明治の新しい風を利用して成り上がった、成金実業家。可愛い娘の未来のためにも色々なことを考えている男です。明治という時代に振り回されるイケメン達が、魅力的なドタバタ喜劇、青春活劇を展開することでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.