くらし情報『劇場を宇宙に変えて、音楽劇『銀河鉄道999』が出発!』

劇場を宇宙に変えて、音楽劇『銀河鉄道999』が出発!

2018年4月3日 10:45
 

制作発表記者会見の模様(画像左から)平方元基、凰稀かなめ、中川晃教、ハルカ、入野自由、矢沢洋子撮影:源賀津己

制作発表記者会見の模様(画像左から)平方元基、凰稀かなめ、中川晃教、ハルカ、入野自由矢沢洋子撮影:源賀津己


漫画家・松本零士の代表作であるSF作品『銀河鉄道999』が、記念すべき40周年の今年、音楽劇となって再誕する。1979年に公開された劇場アニメのストーリーをもとに、新たなシーンを加えて展開するオリジナル舞台である。先月末に行われた制作発表記者会見では、主人公・星野鉄郎を演じる中川晃教を筆頭に、クイーン・エメラルダス役の凰稀かなめ、キャプテン・ハーロック役の平方元基、大山トチロー役の入野自由、リューズ役の矢沢洋子、そしてメーテル役に大抜擢されたハルカが、記者陣と一般参加者が見つめるなか、華やかに登壇。原作者の松本も加わって、まずはそれぞれのキャラクター扮装によるメインビジュアルを公開した。漫画そのものの世界観を見事に表出したビジュアル・ポスターに、会場から歓声と拍手が沸き起こった。

【チケット情報はこちら】

「16歳を演じます。35歳としては乗り越えたいハードルです」茶目っ気たっぷりに笑いを誘った中川から順に、舞台への熱い思いが語られた。
「鉄郎の成長物語を演じることができて嬉しいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.