くらし情報『桜井玲香と藤間爽子が、中屋敷法仁演出で野田秀樹の名作『半神』に挑戦』

2018年5月28日 12:25

桜井玲香と藤間爽子が、中屋敷法仁演出で野田秀樹の名作『半神』に挑戦

(左から)藤間爽子、櫻井玲香、中屋敷法仁 撮影:川野結李歌

(左から)藤間爽子櫻井玲香中屋敷法仁 撮影:川野結李


萩尾望都の漫画にインスパイアされた野田が、萩尾と共に脚本を手がけ、劇団夢の遊眠社で1986年に発表した名作『半神』が、中屋敷法仁演出で新たに上演される。

【チケット情報はこちら】

主人公は結合双生児のシュラとマリア。シュラが、高い知能を持つが醜く愛を知らないのに対して、マリアは、知能は低いが美しく誰からも愛されている。しかし、ふたりを切り離し、どちらかひとりを生き永らえさせなければ、彼女達の命は共に尽きてしまうことが判明し……。

今回、シュラに扮するのは桜井玲香乃木坂46のキャプテンとして活躍しながら、舞台出演も重ねている。「アイドルとして活動していると、自分の個性や存在感を出す上で悩むことも多いのですが、それがシュラの悩みや苦しみともどこかリンクします。同い年の女の子とずっと一緒に演じるのはこれが初めて。さわちゃん(爽子)が良い子だったので安心しています(笑)」

一方、マリア役は藤間爽子だ。祖母・藤間紫が創始した日本舞踊・紫派藤間流の次期家元として研鑽を積みながら、女優として活動。阿佐ヶ谷スパイダースへのメンバー入りも決まる中、今回、現代劇での初舞台を踏む。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.