くらし情報『菊五郎の粋な侠客と、吉右衛門の凄絶な舅殺し。六月大歌舞伎の魅力』

2018年6月12日 16:25

菊五郎の粋な侠客と、吉右衛門の凄絶な舅殺し。六月大歌舞伎の魅力

『野晒悟助』右から野晒悟助=尾上菊五郎、提婆仁三郎=市川左團次 (C)松竹

『野晒悟助』右から野晒悟助=尾上菊五郎、提婆仁三郎=市川左團次 (C)松竹


6月の歌舞伎座では、梅雨の鬱陶しさを忘れさせる舞台を上演中。必見は、共に大阪の住吉鳥居前から始まる、尾上菊五郎主演の昼の部『野晒悟助』と、中村吉右衛門主演の夜の部『夏祭浪花鑑』だ。

【チケット情報はこちら】

『野晒悟助』は、河竹黙阿弥が五世尾上菊五郎に書き下ろした世話物狂言。侠客・野晒悟助(菊五郎)は、剣学指南の提婆仁三郎(市川左團次)を頭とする提婆組の狼藉から、土器売の詫助(市村家橘)と、扇屋の娘・小田井(中村米吉)を救い、侘助の娘・お賤(中村児太郎)と小田井から惚れられる。翌日、仁三郎が現れ、百両出すか命を賭けた勝負をするかと無理難題をふっかけるが、悟助は母の命日ゆえ喧嘩を買うことができない。そこへ侘助が、お賤が身売りして作った百両を持参。折しも命日も過ぎ、悟助は四天王寺へ仁三郎を討ちに行く。

とにかく見ものは、菊五郎のいなせな悟助。ふたりの娘から思いを寄せられるのも納得の男ぶりだ。荒唐無稽な話だが、黙阿弥らしい華麗な台詞や、他作品を想起させる趣向が楽しい。さらに四天王寺山門の場では、菊五郎劇団ならではの見応えある大立廻りが展開。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.