くらし情報『若手俳優と錦織一清がタッグ「一度じゃわからないものを作りたい」』

若手俳優と錦織一清がタッグ「一度じゃわからないものを作りたい」

2018年6月18日 11:00
 

(左から)SHUN(Beat Buddy Boi)、加藤良輔、カラム、米原幸佑、碕理人、錦織一清 (C)2018CLIE/G7 カメラマン:鏡田伸幸

(左から)SHUN(Beat Buddy Boi)、加藤良輔、カラム、米原幸佑、碕理人、錦織一清 (C)2018CLIE/G7 カメラマン:鏡田伸幸


7月26日(木)に開幕するミュージカル『GRIEF 7』の製作発表会が行われ、演出の錦織一清、出演者のカラム、碕理人、SHUN(Beat Buddy Boi)、加藤良輔米原幸佑が登壇した。

【チケット情報はこちら】

七つの大罪”をベースに、牢獄で出会った男たちの物語を描く本作は、『寝盗られ宗介』など数々の舞台を手掛ける錦織一清が演出、『竹久夢二のすべて』などで知られる野村桔梗が原作、『Club SLAZY』シリーズなど人気作品を多く手掛ける三浦香が脚本という、これまでにないタッグで生み出されるエンターテインメントステージ。

会見では、錦織が「若い人たちと仕事をするのは大変おもしろいものです」と本作への参加を喜び、演出については「ダークサイドのお話をミュージカルという華やかな場所でどう演出していくか。人間が変わっていく様を大切にしながら、楽しめるものにしていきたいと考えています」と話しつつも「1度観たくらいじゃわからないものをつくっていきたいです」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.