くらし情報『『大昆虫展』アンバサダー、哀川翔が語る昆虫の魅力』

2018年8月2日 15:35

『大昆虫展』アンバサダー、哀川翔が語る昆虫の魅力

哀川翔

哀川翔


大都会で生きたカブトムシやクワガタと触れあえるとあり、親子連れに大人気の夏休みイベント『大昆虫展』。昆虫愛好家として知られ、88mmというギネス級カブトムシの飼育経験もある俳優、哀川翔をアンバサダーに迎え、今年も『大昆虫展 in 東京スカイツリータウン(R)』が東京スカイツリータウン東京ソラマチ5階スペース634で開催中だ。

【チケット情報はこちら】

「アンバサダーは3年連続。デジタルな時代だからこそ、カブトムシや生き物に触れあえる場所があることに意義がある。俺たちが子どものころって、カブトムシがキライって男の子はいなかったけど、今は捕まえに行く場所もない。この会場には、<ふれあいの森>という、300匹以上の生きたカブトムシやクワガタと触れあえる場所も。虫を通して、親子のコミュニケーションも生まれるんじゃないかな?実際のカブトムシに触れると、飼いたくなっちゃうと思うよ(笑)」という哀川。

哀川がカブトムシの飼育にハマったのは、子どものころの経験から。「子どものころはネットもマニュアル本もなくて、育て方がわからず、幼虫を成虫にすることができなかったんです。大人になって幼虫と再会したとき、当時の後悔を思い出して。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.