くらし情報『石丸幹二が語る兵庫に初登場の串田ワールド』

2018年8月22日 17:44

石丸幹二が語る兵庫に初登場の串田ワールド

(左から語り手:石丸幹二、兵士:首藤康之)撮影:山田穀

(左から語り手:石丸幹二、兵士:首藤康之)撮影:山田穀


これまで様々な演出で数多く上演されている、ストラヴィンスキーの傑作『兵士の物語』。長野県のまつもと市民芸術館で2013年・2014年と連続上演され、大好評を博した串田和美演出の舞台が4年ぶりに再演される。1918年に発表されてから100年になる今年、松本公演のほか、東京、岐阜、兵庫と初ツアーに出ることになった。

「兵士の物語2018」チケット情報

休暇を得た兵士が故郷を目指す途中で悪魔と出会い、自分のヴァイオリンと悪魔の“金のなる”本を交換して金持ちになるが…というストーリー。ストラヴィンスキーの音楽に乗せて展開する、語りと演劇とバレエの総合舞台作品だ。前回公演はもちろん、多彩なバージョンで語り手を演じてきた石丸幹二が、『シークレット・ガーデン』『TENTH』に続き、兵庫県立芸術文化センターに登場。「4年ぶりにまた大好きな世界に飛び込める期待と興奮!」と喜ぶ『兵士の物語2018』への想いと作品の魅力を語った。

寓話的な物語は「当時の人たちの励みになる話で、また、人生は甘くないと伝え、“二兎を追うもの一兎をも得ず”とまで言う。今の時代にも通じるテーマがあります」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.