くらし情報『メダリストを描く舞台「悲劇を上回る希望や光がある」』

2018年8月31日 11:40

メダリストを描く舞台「悲劇を上回る希望や光がある」

(画像左から)和田正人、宮崎秋人、木村了撮影:石阪大輔

(画像左から)和田正人宮崎秋人木村了撮影:石阪大輔


1964年の東京オリンピックに出場したふたりのマラソンランナーの姿を描く舞台『光より前に~夜明けの走者たち~』が11月に上演される。稽古に先がけ作・演出を手掛ける谷賢一のワークショップが開かれ、主演の宮崎秋人木村了和田正人が参加。その後、マスコミに向けて合同取材会が行われた。

【チケット情報はコチラ】

本作は、東京オリンピックで共に走るも、「父上様母上様 三日とろろ美味しうございました」から始まる有名な遺書を残しこの世を去った銅メダリスト円谷幸吉と、東京での失敗を克服し次のメキシコオリンピックでは銀メダルを獲得、今も現役で走り続ける君原健二という、「走る」以外はすべて好対照・正反対なふたりを描く物語。

円谷の終幕のショックからか、これまで1度も映像化も舞台化もされていないふたりのストーリー。けれど谷は「円谷幸吉の人生は悲劇だと思うんです。だけどその悲劇を上回る希望や光のようなものが、彼の物語の周りには付着している。そして、ある意味で円谷の悲劇を補填するようなカタチで君原健二という男はどう生きて走ったのか。ふたりの人生を並べてみることで見えてくることが増えると思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.