くらし情報『鼓童新作は「新しい太鼓音楽」』

2018年9月5日 10:00

鼓童新作は「新しい太鼓音楽」

(画像左から)山脇千栄、住吉佑太撮影:イシイノブミ

(画像左から)山脇千栄、住吉佑太撮影:イシイノブミ


太鼓芸能集団「鼓童」の新作公演『巡-MEGURU-』の全国ツアーが11月に開幕する。本作は、1981年のベルリン芸術祭でのデビュー以来、実にさまざまな挑戦を行ってきた鼓童にとっても、これまでにない取り組みになるという。今作で初めて演出を手掛ける住吉佑太と、奏者として出演する山脇千栄に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

外部の演出に依頼するのではなく、鼓童内部のメンバーでの演出による、楽曲も全て新曲、衣装も新調する公演は、鼓童初の試み。それはつまり新世代の革新かと尋ねると、そうではないと住吉は言う。「鼓童は30周年を迎えたときに“自分たちだけではどうしても打ち破ることのできない固定概念を打破したい”と考え、芸術監督に坂東玉三郎さんをお迎えし、本当にさまざまな壁を取り払ってもらいました。それを経て今、自分たちで新たな1歩を踏み出す時期がきた。そこで、これまで大切にしてきた作品をやりながらも、常に新しいものを作り続けていかなければいけないと考えました。その第1弾がこの作品です。ただ、新しいものをつくるにしても、僕は太鼓や鼓童のカッコよさを変えたいわけではない。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.