くらし情報『『タイタニック』のトム・サザーランドの日英新企画』

2018年9月14日 17:40

『タイタニック』のトム・サザーランドの日英新企画

(画像左から)トム・サザーランド、藤田俊太郎

(画像左から)トム・サザーランド、藤田俊太郎


梅田芸術劇場とイギリス・チャリングクロス劇場による新プロジェクトが始動。その記者会見が9月12日、都内某所で開かれ、チャリングクロス劇場の芸術監督で、『タイタニック』再演のため来日中のトム・サザーランドと、演出家の藤田俊太郎が登壇した。

【チケット情報はこちら】

日本演劇史上、かつてない挑戦となる今回のプロジェクト。日本とイギリスが共同で公演の企画・制作をし、イギリスキャスト版、日本キャスト版をそれぞれの国で上演する。その第1弾作品に選ばれたのが、1997年にオフ・ブロードウェイで初演されて以降、高評価を得続けているミュージカル『VIOLET』。そしてその演出を、若手実力派の藤田が担う。

サザーランドと梅田芸術劇場との出会いは、2015年に上演された『タイタニック』の初演。その後もいくつかの作品を重ね、両者は強い信頼関係で結ばれていくことになる。そして梅田芸術劇場側の「人と人のコラボ―レーションをしたい」という本プロジェクトに込めた思いに、サザーランドが「それは面白い!」と即決で応えたかたちだ。

藤田はまず英語のスピーチを披露。終盤「Sorry」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.