くらし情報『カミュが『誤解』で描いた不条理に現代人はどう立ち向かうのか?』

2018年9月27日 10:00

カミュが『誤解』で描いた不条理に現代人はどう立ち向かうのか?

『誤解』稽古場より 撮影:山本祐之(東京フォト工芸)

『誤解』稽古場より 撮影:山本祐之(東京フォト工芸)


小川絵梨子が演劇芸術監督に就任した新国立劇場。新シーズンのオープニング作品として、カミュの『誤解』が文学座の新鋭・稲葉賀恵の演出で上演される。原田美枝子小島聖水橋研二深谷美歩小林勝也という実力派キャストが揃う稽古場に足を運んだ。

【チケット情報はこちら】

田舎町でホテルを営むマルタ(小島)とその母親(原田)は、客を殺害し金品を奪うことを繰り返していた。ある日、男性客が現れ、母娘は格好の獲物と見るが、実は彼は20年前に家を出たマルタの兄・ジャン(水橋)だった…。

まずは冒頭、マルタと母親が、男性客がジャンだと気づかぬまま、殺害を計画する場面。カウンターなどの入り組んだセットは一切なく、シンプルに腰かけがあるのみ。雨音が響き、床はくすんだ木の板が敷きつめられ、中央には灰色の薄い幕が掛かっており、マルタが「雨ばかりの町、影の国」と語る雰囲気そのまま。

殺す気満々のマルタに対し、母親は乗り気になれないようで疲れた表情を見せる。母娘のなんとも暗い“綱引き”が展開するが、とはいえ、もはや後戻りできないことは母親も承知している。「そうだね、殺さなくてはいけないだろうね」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.