くらし情報『笑い、ダンス、アクション!SETの工業系コメディ』

2018年10月24日 16:50

笑い、ダンス、アクション!SETの工業系コメディ

(画像左から)小倉久寛、三宅裕司

(画像左から)小倉久寛三宅裕司


来年創立40周年を迎える劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の『テクニカルハイスクールウオーズ鉄クズは夜作られる』が、10月28日(日)まで東京サンシャイン劇場にて公演中。SETらしく、わかりやすくて誰もが楽しめるサービス精神旺盛なミュージカル・アクション・コメディー。歌、ダンス、コント、アクロバットなど様々な要素を詰め込んだ盛りだくさんの2時間だ。

【チケット情報はこちら】

初日前の会見で演出・出演の三宅裕司は「わかりやすい青春モノだけど、隙があれば笑いをどんどん入れていく」と貪欲な姿勢を見せた。舞台は偏差値36の定時制工業高校。ヤンキーたちは親や校長や警官やエリート校にバカにされ、ケンカ上等の日々を送っていた。しかしワケあり熱血教師が赴任してきたことで、彼らの心に火がついていく。

笑い溢れるSETの舞台だが、「日本の下町のものづくり」という社会的なテーマも1本通っている。製造業は日本の高度経済成長を支えてきた産業だ。しかし労働人口が減り、賃金が下がり、職人の技術が失われつつある。そんな日本製造業の現状に、コメディという武器で向き合っていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.