くらし情報『白井晃“生と性”シリーズに伊藤健太郎、南沢奈央が挑む』

2019年2月8日 17:20

白井晃“生と性”シリーズに伊藤健太郎、南沢奈央が挑む

(左から)松岡広大、柾木玲弥、南沢奈央、白井晃、伊藤健太郎、岡本夏美、栗原類

「春のめざめ」・「恐るべき子供たち」製作発表より(画像左から)松岡広大柾木玲弥南沢奈央白井晃伊藤健太郎岡本夏美栗原類


KAAT芸術監督・白井晃が演出を手掛ける近現代戯曲シリーズ『春のめざめ』『恐るべき子供たち』が4、5月に連続上演される。その製作発表会が行われ『春のめざめ』に出演する伊藤健太郎岡本夏美栗原類、『恐るべき子供たち』に出演する南沢奈央柾木玲弥松岡広大、そして白井が登壇した。

【チケット情報はこちら】

白井は、今年この2作を続けて上演することについて「“生”と“性”シリーズといいますか、思春期の大人社会との対峙の中で子供たちがいかに戦っていくのか、どうやって自分の道を見つけていくのか。そういう若き日の葛藤を描く作品を、連続で上演する試みに挑戦します」とコメント。今回が2度目の上演となる『春のめざめ』は「昨今はミュージカルで有名になっていた作品ですが、もともとはストレートプレイだぞということをしっかり見せたいと思い、2年前に上演しました。そのときに好評をいただき、この作品をKAATで継続的に上演できたら、そして若き俳優の皆さんとこの作業を共有していくことができたらと、今回の再演に至りました」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.