くらし情報『ラ・フォル・ジュルネ10連休中に開催 テーマは旅』

2019年2月15日 17:15

ラ・フォル・ジュルネ10連休中に開催 テーマは旅

ラ・フォル・ジュルネ-TOKYO-2019記者会見より

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 記者会見より


ゴールデンウイークのクラシックイベントとして15回目を迎える「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」の概要発表の記者会見が2月15日に開催。運営委員長の梶本眞秀、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン、アンバサダーを務める別所哲也らが出席した。

平成からの改元に伴う10連休のさなかの5月3日、4日、5日の3日間の日程で開催される今年のラ・フォル・ジュルネ(以下LFJ)。テーマは「Carnets de voyage ボヤージュ――旅から生まれた音楽(ものがたり)」で、324公演(うち有料公演は124公演)が東京国際フォーラムとその近辺で行なわれる予定で、約42万人の動員が見込まれる。

「Carnets de voyage」は直訳すれば「旅の小さな手帳」。マルタンは「旅をしていて作曲家たちは、素晴らしい風景に出会ったとき、手帳を取り出し感動をメモし、多くの作家たちは、手帳に絵を描き、隣に短い文章を添えるものです」とその趣旨を説明。モーツァルトにハイドン、リスト、ベルリオーズにチャイコフスキー、サン=サーンス、ラヴェルなど「旅」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.