くらし情報『加藤和樹と上口耕平が語る結成前のビートルズ。「小汚いのがカッコいい」』

2019年2月21日 13:10

加藤和樹と上口耕平が語る結成前のビートルズ。「小汚いのがカッコいい」

(画像左から)上口耕平、加藤和樹

「BACKBEAT」より加藤和樹上口耕平 撮影:川野結李


ビートルズの創成期、ハンブルク時代を描いた舞台『BACKBEAT』が日本初演となる。1994年公開の伝記映画を舞台化。結成時のベーシストでデビュー直前に21歳で夭折した美少年スチュアート・サトクリフを軸に、10代の揺れる心、友情と葛藤、孤独がビートルズの名曲に乗せて綴られる。

【チケット情報はこちら】

ジョン・レノンを演じる加藤和樹は「僕らは大スターのビートルズしか知らないけど、多くの苦労やいざこざを乗り越えてきたのだと知りました。特にビートルズの根幹であるジョンは、常に怒りを抱えて生きていた。その怒りを歌に表せるよう、ロックならではの歌い方を習得中です」と語った。ジョンはずっとスチュアートを慕っていたと言われるが、「なぜそこまでスチュが大きな存在だったのか。ジョン本人の気づかないところで友情を超えた愛があったのかも。ぜひ掘り下げたい」と、意欲たっぷり。

ドラマー、ピート・ベストを演じる上口耕平は、「ピートはデビュー寸前で解雇されたドラマーで、マッシュルームカットを唯一拒んだ男。彼の魅力、そしてメンバーとの関係性をどう築けるかが楽しみです」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.