くらし情報『舞台『雪まろげ』で榊原郁恵が華やかな人気芸者に』

2019年3月12日 17:08

舞台『雪まろげ』で榊原郁恵が華やかな人気芸者に

舞台『雪まろげ』で榊原郁恵が華やかな人気芸者に

『放浪記』『おもろい女』と並ぶ森光子の三大代表作『雪まろげ』は、「嘘をつく役をやってみたい」という森の思いから作られた。物語の舞台は昭和50年、青森県の温泉街。芸者の夢子がついた小さなウソが周囲を巻き込み、やがて大きく膨らんでいく様を描いた人情喜劇だ。1980年の初演以来500回を超えるヒット作で、2016年には森が演じた夢子を高畑淳子で復活上演。そして2019年、主なキャストはそのままに再演が決定。大阪は4月5日(金)より新歌舞伎座で幕を開ける。

「雪まろげ」チケット情報

温泉街一の売れっ子芸者で、金勘定に目がない銀子を演じる榊原郁恵。「銀子さんは小さな温泉街の中でも一匹狼みたいなところがあり、そういう役柄が今までになかったので、初演ではかなり悩みました」と振り返る。夢子役の高畑淳子を筆頭に、小料理屋を営む千賀役の柴田理恵など、実力ある俳優が勢ぞろい。「その中で私が演じる銀子は一番の人気者芸者という説得力がないといけないので、かなり力みました。どうやったって太刀打ちできないメンバーばかりだと思っていたので」。

お座敷の場面もあることから、少しでも役に近づこうと日舞を習い、赤坂の料亭にも行った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.