くらし情報『大竹しのぶ・渡辺えり・キムラ緑子が名作「三婆」で博多座初登場!』

2019年5月30日 13:10

大竹しのぶ・渡辺えり・キムラ緑子が名作「三婆」で博多座初登場!

大竹しのぶ・渡辺えり・キムラ緑子が名作「三婆」で博多座初登場!

(画像左から)キムラ緑子大竹しのぶ渡辺えり


1961年に発表された有吉佐和子の同名小説を、1973年小幡欣治の脚色・演出で初舞台化された『三婆』。老人問題にいち早く目を向け、“老い”というテーマを、ユーモアたっぷりに描いた本作は、初演以降、各時代を彩るさまざまな大女優たちの配役で度々上演。そして、2016年11月、東京・新橋演舞場で、大竹しのぶ渡辺えりキムラ緑子という、現代を代表する3人の女優の競演が実現。より深化した現代的なテーマ性と、齋藤雅文演出によるスピーディな展開、さらに圧倒的なパワーで会場を笑いと涙の渦に巻き込んだ名喜劇が、20周年の節目を迎える福岡・博多座にやって来る。しかも、3人共に福岡・博多座での初舞台!3人がそろって来福し、公演への意気込みを語ってくれた。
舞台は昭和30年代の終わり。金融業者・武市浩蔵の突然の死をきっかけに、ひとつ屋根の下で奇妙な同居生活をすることになってしまった浩蔵の妻・松子(大竹しのぶ)、浩蔵の妹(渡辺えり)、浩蔵の妾・駒代(キムラ緑子)の“三婆”が、浩蔵の元部下や、武市家の御用聞き、お手伝いまで巻き込みながら、熾烈なバトルを繰り広げる…という物語。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.