くらし情報『静の篠山輝信と動の柄本時生が紡ぎ出す、はみ出し者の旅路』

2019年6月24日 13:15

静の篠山輝信と動の柄本時生が紡ぎ出す、はみ出し者の旅路

静の篠山輝信と動の柄本時生が紡ぎ出す、はみ出し者の旅路

(画像左から)篠山輝信柄本時生撮影:山本祐之


「中二の時は『どうやって童貞を捨てよう?』ってことばかり考えていましたね」――。柄本時生が真面目にそう語れば、篠山輝信はその言葉にうなずき「当時は“中二病”なんて言葉はなかったけど、まさにそれ!世界の中心にいると思ってました(苦笑)」と14歳の頃を語る。

【チケットの詳細はこちら】

2017年の初演に続く再演舞台『チック』で彼らが演じるのが、無断拝借した車で旅に出る14歳の少年たち。29歳(柄本)と35歳(篠山)の大人が演じるからこそ見えてくるものとは?ふたりに話を聞いた。

ドイツ人作家ヴォルフガング・ヘルンドルフによる児童文学を原作に、世界中で上演されてきた本作。サエない少年・マイク(篠山)とロシア移民の転校生・チック(柄本)の冒険を描く。

演出の小山ゆうなは、柄本と篠山の関係性を「お芝居のアプローチが正反対。だからこそバランスがいい」と評する。冷静に計算し組み立てる“静”の篠山と自由気ままな“動”の柄本。この関係は、マイクとチックという役柄そのまま。篠山は「ヘルンドルフさんのあて書きなんじゃないか?」と笑い、「僕は“これをしてはいけない”という枠組みから始まるので、柄本さんの自由さに憧れます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.