くらし情報『村上春樹の短編小説を舞台化。その稽古場に潜入!』

2019年7月31日 11:15

村上春樹の短編小説を舞台化。その稽古場に潜入!

村上春樹の短編小説を舞台化。その稽古場に潜入!

『神の子どもたちはみな踊る』稽古場より 撮影:源賀津己


阪神・淡路大震災を題材にした、村上春樹の連作短編小説集『神の子どもたちはみな踊る』。本作が倉持裕の演出により舞台化、7月31日、東京・よみうり大手町ホールで幕を開ける。その開幕まで約1週間に迫り、稽古場ではどんな作品世界が立ち上がりつつあるのか。都内某所にある稽古場を訪ねた。

【チケット情報はこちら】

この舞台化に当たっては、表題小説から2編が取り上げられている。ひとつは、“かえるくん”と名乗る大きな蛙が、東京に大地震を起こそうとしている“みみずくん”を倒すため、サラリーマンの片桐に助けを求める「かえるくん、東京を救う」。もうひとつは、“地震男”の悪夢に悩まされる沙羅のため、その母親・小夜子の親友である小説家の淳平が、自作の物語を語って聞かせる「蜂蜜パイ」。原作ではそれぞれ独立した物語だが、今回の舞台版ではこの2作が絶妙に絡み合うことで、また新たな気づきを与えてくれる。

今回出演するのは子役(Wキャスト)を含め5人のみ。全体的にとても落ち着いた雰囲気で、プロ意識の高いキャスト、スタッフによる、いい緊張感が満ちている。この日行われていたのは、第4場から第5場の稽古。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.