くらし情報『体内活劇「はたらく細胞」Ⅱパワーアップして開演 北村諒「遊園地で遊ぶ感覚で勉強もできる名作」』

2019年10月1日 11:55

体内活劇「はたらく細胞」Ⅱパワーアップして開演 北村諒「遊園地で遊ぶ感覚で勉強もできる名作」

体内活劇「はたらく細胞」Ⅱパワーアップして開演 北村諒「遊園地で遊ぶ感覚で勉強もできる名作」

「体内活劇『はたらく細胞II』」囲み取材より(画像左から)君沢ユウキ、杉江大志、北村諒川村海乃高木俊


9月27日、北千住のシアター1010にて体内活劇「はたらく細胞」Ⅱが開幕した。

【チケット情報はこちら】

「はたらく細胞」は、体内の細胞の擬人化した清水茜による漫画。昨年7月にはアニメ化、11月には舞台化された大ヒット中のコンテンツだ。特に舞台では観客も細胞とみなされ、キャストからいじり倒されることで大注目を浴びた。

約1年ぶりに復活した本作はメインキャストを一新。クールで世話好きな白血球(好中球)に北村諒、明朗活発なドジっこ赤血球に川村海乃を迎え、内容も仕掛けもパワーアップ。舞台装置や映像を目まぐるしく変化させることで、観客自身も人間の体内に迷い込んでしまったような感覚に没入できる超体感型の舞台が完成した。

初日を迎えたキャストが意気込みを語った。
「本作はお客様と作るシーンや空気感が大事な作品です。稽古では想像でしかなかったものが、やっとお客様と一緒に完成に持っていけるんだなとワクワクしています。遊園地に遊びに来た感覚で体内の勉強もできるという素晴らしい作品なので、ぜひ小さなお子様にも見てほしいです!」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.