くらし情報『創立40周年のSET稽古場で、三宅裕司&小倉久寛が“幸福度”追求』

2019年10月9日 19:10

創立40周年のSET稽古場で、三宅裕司&小倉久寛が“幸福度”追求

創立40周年のSET稽古場で、三宅裕司&小倉久寛が“幸福度”追求

稽古場の模様


創立40周年を記念する劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の第57回本公演、ミュージカル・アクション・コメディー『ピースフルタウンへようこそ』の開幕が迫る。初日を4日後に控えた稽古場を訪れると、座長・三宅裕司小倉久寛をはじめとする劇団員が通し稽古に臨んでいた。

【チケット情報はこちら】

劇団の新たな門出として、三宅らが選んだテーマは“幸福度”。高級住宅街・青金台(あおがねだい)と、寂れた素裸無町(すらむちょう)の対照的な2エリアに暮らす住民たちの交流を通じて、本当の幸福や平和・あるべき人間の姿が語られる。青金台に引っ越してきた、小倉演じる志賀内吹京(しがない・ふきょう)一家は、故郷の素裸無町を再興しようと目論む。三宅扮する青金台の住人にして東京都巷(ちまた)区長・超富裕層(ことみ・ゆうぞう)らは彼らを快く迎え入れるものの、街に重大な秘密を隠していた──。

タイトルの冠に“ミュージカル・アクション・コメディー”を標榜するように、劇中にはこの3要素がバランスよく散りばめられている。平和で治安がよく、オシャレな街としてセレブリティが多く住む青金台の日常は、住民による朗らかなミュージカルナンバーで展開。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.