くらし情報『余りにも悲しく美しい恋の悲劇。新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』リハーサル』

2019年10月17日 17:00

余りにも悲しく美しい恋の悲劇。新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』リハーサル

余りにも悲しく美しい恋の悲劇。新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』リハーサル

ロメオとジュリエット(前回公演写真) 撮影:鹿摩隆司


新国立劇場バレエ団がケネス・マクミラン振付『ロメオとジュリエット』を上演する。シェイクスピアの悲劇のバレエ化で、1965年の初演以来、世界中で愛されている名作だ。新国立劇場では2001年以来レパートリーに加わり、今回で5演め。押しも押されもせぬ人気演目となっている。主演3キャストのうち木村優里井澤駿組の、舞台上での衣裳付きリハーサルに潜入した。

【チケット情報はこちら】

ジュリエットの木村は初役、ロメオの井澤も前回(2016年)は怪我で降板したため、共に観客には初お目見えのフレッシュなコンビとなるふたり。スラリとした容姿が実に舞台映えする。

見学した3幕は、ロメオとジュリエットが初めて一夜を過ごしたあとから始まる。ロメオはその前の2幕でジュリエットの従兄ティボルトを殺害してヴェローナの町を追放となり、ジュリエットと離れなければならない。指揮者が振るタクトに合わせ、オーケストラではなくピアノがプロコフィエフの音楽を奏でるという、リハーサルならではの光景の中で展開するのは、愛と嘆きがない交ぜになった切ないパ・ド・ドゥだ。

去ろうとするロメオのマントを脱がせ、別れを惜しむ木村ジュリエット

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.