くらし情報『いま注目の指揮者が日本フィルとベートーヴェン』

2019年10月25日 17:30

いま注目の指揮者が日本フィルとベートーヴェン

いま注目の指揮者が日本フィルとベートーヴェン

インタビューに答えるP・インキネン


2020年のバイロイト音楽祭で《ニーベルングの指環》新演出上演の指揮者に抜擢されるというセンセーショナルな知らせが飛び込んできた指揮者ピエタリ・インキネン。その2020年はベートーヴェンの生誕250年のメモリアル・イヤーでもある。首席指揮者を務める日本フィルとともに、2シーズンをかけて交響曲全曲演奏を軸とする「ベートーヴェン・ツィクルス」をスタートさせた、いま最もホットな指揮者に、ツィクルスの展望を聞いた。

【チケット情報はこちら】

「私自身のテイストで作り上げていくツィクルスにしたい。それにオーケストラがどう対応するのか、私のテイストとオーケストラがどういう相性なのかを聴いていただけるのはじつに面白いことです」

ベートーヴェンの交響曲は、創作初期の29歳から晩年の53歳まで、生涯を通じて作曲されているため、全曲を見渡すことは、ベートーヴェンの作風の変遷を俯瞰することにもなる。
「初期の第1~3番を見ても、かなり異なる様式で書かれています。そして第3番から第9番に向けて、オーケストラがどんどんロマン派的に変わっていく。その変化を表現したいのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.