くらし情報『テレビアニメ版が初舞台化 『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1ー犯罪係数ー』が開幕』

2019年10月28日 13:45

テレビアニメ版が初舞台化 『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1ー犯罪係数ー』が開幕

テレビアニメ版が初舞台化 『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1ー犯罪係数ー』が開幕

(画像左から)細貝圭立道梨緒奈前山剛久橋本祥平久保田悠来河内美里真田佑馬、愛加あゆ、今村ねずみ


舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1ー犯罪係数ー』が10月25日(金)から品川プリンスホテル ステラボールで上演されている。本作は、同名のテレビアニメ(第1期)を、『魔法少女まどか☆マギカ』などでも知られるシナリオライターの虚淵玄(ニトロプラス)の監修、三浦香の演出で初めて舞台化したもの。初日を前にゲネプロ(総舞台通し稽古)と会見が行われ、キャストたちが意気込みを語った。

【チケット情報はこちら】

舞台は、2112年、巨大監視ネットワーク「シビュラシステム」によって、人間の心理状態や性格的傾向を数値化し、管理する近未来の日本。人々はその数値を「PSYCHO-PASS」、中でも犯罪に関する数値を「犯罪係数」と呼んでいた。一見、何の異常性も見られない人でも、犯罪係数を測定する銃「ドミネーター」を向けると、数値が規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれる世界。安全に見えて、とても窮屈な世界で、必死に生き抜く人間模様を描く。

狡噛慎也(こうがみ・しんや)役の久保田悠来は、初日の天候が雨だったことに触れ、「生憎の天候ですが、実に『PSYCHO-PASS』らしい始まり。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.