くらし情報『新生烏野『ハイキュー!!』開幕、醍醐虎汰朗「魂のシーン受け取って」』

2019年11月6日 18:50

新生烏野『ハイキュー!!』開幕、醍醐虎汰朗「魂のシーン受け取って」

新生烏野『ハイキュー!!』開幕、醍醐虎汰朗「魂のシーン受け取って」

囲み取材の模様


「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」が、11月1日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

古舘春一のマンガ『ハイキュー!!』を原作に、2015年から7作品が上演された演劇『ハイキュー!!』シリーズ。オーディションによって刷新された“新生烏野”キャストが初登場する本作は、春の高校バレー全国大会・宮城県代表の座を掴んだ烏野高校排球部メンバーを中心に、それぞれが過ごす大会前夜までの様子が描かれる。

囲み取材には、主人公・日向翔陽役の醍醐虎汰朗をはじめとする新生烏野メンバー11人が揃い踏み。稽古を終えた感触と初日に向けて意気込みを述べた。見どころを尋ねられた醍醐は「シリーズを引き継ぐ覚悟や舞台に懸ける今の思いを、芝居でなく“気持ち”で表現する魂のシーンを受け取っていただけたら」と真摯に語る。

影山飛雄役の赤名竜之輔は「初めての芝居で、いろんな方に支えられて初日を迎えます」とコメントし、醍醐の家に居候して稽古場に通った日々を報告。稽古後の定例会でキャストと親睦を深め、信頼関係を育んでいった舞台裏を明かした。過去作に引き続いて脚本・演出を手がけるウォーリー木下は「音楽・美術・映像・振付などを改め、新たな切り口でバレーボールや演劇をお見せします!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.