くらし情報『多部未華子、瀬戸康史らがカフカの不条理世界を生きる、KERA新作開幕』

2019年11月8日 11:43

多部未華子、瀬戸康史らがカフカの不条理世界を生きる、KERA新作開幕

多部未華子、瀬戸康史らがカフカの不条理世界を生きる、KERA新作開幕

ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~


11月7日(木)、KAAT神奈川芸術劇場にて『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』が開幕した。ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の新作で、「もしフランツ・カフカの第4の長編が発見されたら?」というifから構想されている。

【チケット情報はこちら】

カフカは3作の長編を手がけたが、40歳の若さで結核で亡くなった小説家だ。晩年のカフカは、公園を散歩中の幼い少女と交流していた……というエピソードが本作の軸となる。100歳になった少女(麻実れい)の孫ブロッホ(渡辺いっけい)は、少女が持っていたカフカ第4の長編の未発表原稿を出版社に持ち込んでお金にしようと奮闘していた。

そんな“現実世界”と平行するように、第4の“小説世界”が物語られていく。主人公カーヤ(多部未華子)は婚約者の兵士・ラバン(瀬戸康史)と旅行をしていた。幸せなふたりだが、不穏な空気に飲み込まれるように旅の途中で生き別れてしまう……やがてカーヤのもとに「ラバンが戦死した」との報せが届く。ラバンの生死を確かめるため、戦地に向かうカーヤは、さまざまな誤解、裏切り、欲望など不思議な出来事に翻弄されていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.