くらし情報『緻密なミスの連鎖が巻き起こす、前代未聞の“崩壊”コメディ』

2019年11月18日 18:10

緻密なミスの連鎖が巻き起こす、前代未聞の“崩壊”コメディ

とオークラ。

一見、失敗ばかりしている“ポンコツ”な劇団員たちだが、実は“ひとつのミスも許されない”高度な演技に挑戦しているのが、大水洋介らをはじめとする役者たちだ。「僕が演じるのは古株の劇団員で、新しい脚本家が気に入らないけど、面と向かっては何も言えず、座長とコソコソ文句を言っているような人物です。演じる上で一番難しいのは、同じところで、同じ間違いを、毎回新鮮に見えるようにしなければならないところ。すべてのミスが緻密に計算されているので、みんな一生懸命“間違いなく間違えるよう”に練習をしています。 “崩壊シリーズ”は全員が協力し合って、1つの笑いを作るタイプのコメディなので、当然、結束力も高まり、まるで楽屋でも本当の劇団員のようです」。

特に注目したいのは、座長役の山崎樹範(やまざきしげのり)のパワフルな熱演。あまりのセリフの多いハードな舞台のため、今回はわざわざ身体作り込んで参戦しているそう。とにかく「笑えること」にこだわり、役者がより自然に演技できるように日々脚本を手直ししているという進化型の“どコメディ”。その最終形を観ることができる。福岡公演は11月23日(土)、24日(日)にイムズホールにて。その他、石川、愛知でも上演。チケットは発売中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.