くらし情報『松下優也「僕も稽古場で驚いてる」音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」』

2019年12月5日 13:05

松下優也「僕も稽古場で驚いてる」音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」

松下優也「僕も稽古場で驚いてる」音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」

松下優也撮影:川野結李歌


音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -case. 剥離城アドラ-」のプレビュー公演が12月15日(日)に上演され、本公演が12月19日(木)に開幕する。主人公ロード・エルメロイII世を演じる松下優也に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

本作は、三田誠による同名小説『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』の初舞台化。総合演出をウォーリー木下、脚本を斎藤栄作、演出を元吉庸泰、音楽を和田俊輔が手掛ける。果たしてどんな作品になるのか。

松下は「この作品は音楽劇で、ミュージカルのように“感情”を音楽で表現するのではなく、“空間”を音楽で表現しているイメージ。和田さんの音楽が『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』を立体化していると感じています」と明かす。作品の舞台は魔術世界で、その表現もウォーリー演出ならではのものがあると言い、「客席で『あれ、どうなってるの?』とおもうと思う。舞台ではなかなかないイリュージョン的な演出がたくさんあります。僕も稽古場で驚いていますが、お客様もきっと驚くはず。ワクワクします」と明かす。

自身の演じるロード・エルメロイⅡ世については「表面的にはクールだけど、実は人間味あふれたキャラクターだと思います。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.