くらし情報『盟友・篠井英介と陰山泰が熱く語る朗読劇『天守物語』の魅力とは?』

2019年12月11日 10:00

盟友・篠井英介と陰山泰が熱く語る朗読劇『天守物語』の魅力とは?

と語る。

2人は共に80年代の小劇場ブームを体験した盟友でもある。共演は決して多くないが「あの熱狂の時代、苦楽を共にした同志」と陰山が言えば、篠井も「安心感が違います。感覚を共有しているからこそ、のびのびやらせてもらえる」と全幅の信頼を寄せる。

若き注目株の小川ゲンを加え、3人の朗読と琵琶と雅楽の魅惑的な音色が混じり合い、どのような“和”のSFファンタジーが浮かび上がるのか?

公演は2月24日(月・祝)、東京・府中の森芸術劇場にて上演。

取材・文:黒豆直樹

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.