くらし情報『京都・南座で世界が注目するイマーシブシアターを上演』

2019年12月26日 17:40

京都・南座で世界が注目するイマーシブシアターを上演

イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~「桜姫東文章」より~ 制作発表

イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~「桜姫東文章」より~ 制作発表撮影:川野結李歌


世界のエンタメシーンで、いま熱い注目を集めている「イマーシブシアター」。単なる参加型というだけでなく、“観客の意思で物語に入っていく”かのような体験ができるところが、従来のイベント型とも大きく異なる点だ。そのイマーシブシアターと、歌舞伎の伝統をもつ京都・南座がコラボレーション。純矢ちとせ、川原一馬、荒木健太朗、世界(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、平野泰新(MAG!C PRINCE)、Toyotaka(Beat Buddy Boi)と、各ジャンルで活躍中の面々が、「サクラヒメ~『桜姫東文章』より~」で共演する。12月19日、都内で行われた制作発表では、まだ珍しいイマーシブシアターへの質疑応答も活発に行われた。

ストーリーは歌舞伎の名作『桜姫東文章』を元に翻案。前世で心中を遂げたサクラヒメ(純矢)は、転生して花魁となっていた。前世の記憶を頼りに心中相手を探すサクラヒメだったが、神秘的な陰陽師(川原)や孤高の浪人(荒木)、自由に生きる義賊(世界)、さらには男気あふれる鳶(平野)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.