くらし情報『ベートーヴェン「運命」ピアノ版を演奏―会場で〈希望〉〈勇気〉を共有したい』

2020年10月20日 15:00

ベートーヴェン「運命」ピアノ版を演奏―会場で〈希望〉〈勇気〉を共有したい

及川浩治

(c)Yuji Hori


10月25日にザ・シンフォニーホール、10月31日にサントリーホールで開催する「及川浩治ピアノ・リサイタル『名曲の花束』」より、及川に話を聞いた。
今回の演奏会は、実にバラエティに富んだ選曲。バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のピアノ版、そして、もともとヴァイオリンの曲である「シャコンヌ ニ短調」と編曲もので幕開けとなる。「『シャコンヌ』はブゾーニの編曲で、メロディに和音を多く加え、ヴァイオリンとは一味違い、オルガンのような迫力のある重音の響きを楽しんで頂けると思います。」と及川。

前半はショパンの「雨だれ」やエルガーの「愛のあいさつ」、リストの「愛の夢」など人気の小品が並び、後半はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」のピアノ版を演奏する。「今回演奏するのは、リスト編曲版です。リストの編曲の場合は、単に曲の雰囲気を味わうオーケストラの代用品としてではなく、コンサートで演奏できるように作っているので、音がとても充実しているんですね。音域も広く、それをピアノ1台で、指10本で表現するわけですから、とても大変です。基本的にリストの編曲もピアノの二段譜で書かれてはいるのですが、オーケストラのスコアをイメージして演奏しなければならないですね。」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.