くらし情報『ジェンダーを超える壮大なロマン、スペイン音楽の歴史とともに現代へ』

2020年11月27日 10:20

ジェンダーを超える壮大なロマン、スペイン音楽の歴史とともに現代へ

ジェンダーを超える壮大なロマン、スペイン音楽の歴史とともに現代へ

Romances inciertos (c) Nino Laisne


仏・アヴィニョン国際演劇祭やシャイヨー国立舞踊劇場で完売となったダンス公演、フランソワ・シェニョー&ニノ・レネ『不確かなロマンス―もう一人のオーランドー』が日本へやって来る。

ダンサー・歌手・振付家・歴史研究家と多彩な顔を覗かせるシェニョーと、造形作家・映像作家・音楽家のレネ。ジャンルを超えて結びついた二人が4年もの歳月をかけて研究し、共同演出した本作は、2017年9月にスイス・ジュネーブにて初演された。その後、上演を重ねるうちに観客から「現代へ“オペラ=バレエ”を蘇らせたような傑作」と言われるように。

全三場で構成されるシーンにはいずれもスペインを舞台に、①男装の少女戦士、②詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカの作品でも知られる両性具有の聖ミカエル、③アンダルシアのジプシーといった不確かなジェンダーの3人が登場する。これらに扮するのは、シェニョー本人。男声はもちろん、かつてのカストラート(去勢された男性歌手)を想像させる女性的な声で歌いながら、フラメンコやバロックダンス、民族舞踊などを交えて舞い踊る。彼の足元は、竹馬やハイヒールによって常に不安定だ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.